僕と一緒に 나와 함께

ブログなるものを徒然なるままに…

うどん県に行って、うどんを食さず

雨の中、日帰り旅行



そして帰りは、岡山で小豆島ラーメン(笑)

今度は、ちゃんとうどん巡りしに行くぞー

映画「僕のワンダフルライフ」

予告編で泣いてしまった映画、「僕のワンダフルライフ」見てきました。

lilith-ru.hatenablog.com

予告編で泣くくらいだから、本編で泣かないわけがない…

でも心温まる映画で、家に帰ってヒョリを抱きしめたくなりました。まぁ抱きしめると嫌がるんですけどね(笑)

「ボブという名の猫」は、飼い主目線の映画でしたが、こちらは完全に犬目線でした。

 

どのワンちゃんも演技派だったなぁ〜

 

 

映画「新感染 ファイナルエキスプレス」を見た

「新感染 ファイナルエキスプレス」を見て来ました。
shin-kansen.com


いや〜中々、考えさせられる映画でした。パニックムービーでしたが、ヒューマンドラマの部分も大きく最後まで飽きずに見れました。
でも、最後の最後までホッとすることが出来ず、疲れましたよ。

極限の恐怖から来る人間の嫌な部分を始め、愛する人を守るための自己犠牲、愛する人を守れなかったがゆえの選択、一緒に助け合っている内に芽生えた情のための自己犠牲など、丁寧に描かれていました。

見終わって帰りの電車内で、映画のような状況になったら嫌だなぁ〜、自分ならどう行動するだろう?とか思ってしまいました。

韓国映画ってだけで毛嫌いする人は、ダメでしょうけどエンターティメントとしては、よく出来ていました。観客の客層も、いつも見る韓国映画とは違っていたので、口コミで評判が広がっているのかも知れませんね。

主人公のコン・ユも、もちろんかっこよかったんですけど、個人的にはマ・ドンソクの役どころがカッコよく、韓国で人気が急上昇したってのは理解できます。

映画「ボブという名の猫」

映画「ボブという名の猫」を見て来ました。

 

bobthecat.jp

ストーリーは、テレビや雑誌で取り上げられていた実話ベースで、ハッピーエンドも知ってました。

でも、オチを知ってても楽しめる良質な映画でした。

主役猫のボブは、タレント猫も使いつつ本猫も演技したそう。

これは、ボブだな。これは、タレント猫だな。とか思いながら見てました。

けれど監督がボブそっくりなタレント猫を集めたって言うだけあって並べて見比べないとわからないくらいそっくりな猫さんでした。

 

猫好きには、超お勧め。そうでない方にもお勧めです。

 

で、本編前の予告映画で超気になったのが「僕のワンダフルライフ

boku-wonderful.jp

 

こちらは、ワンコが主役。私、人一倍涙脆いんですけど、予告編で泣いたのは初めてかも…

 

いや〜見に行きたいけど、行くならハンカチじゃ足りないかもなー

白浜アドベンチャーワールド日帰り旅行

「日帰りで行けるよ」って聞いてたんですが遠いイメージが強すぎて、なかなか行けなかった白浜アドベンチャーワールド
土曜に車で日帰り旅行して来ました!

運転は、ちょっと疲れたけど大きな渋滞に巻き込まれることもなく開園から閉園まで満喫することが出来ました。

うん、また行こう!





京都満喫

京都駅に着いたら瑞風がいた!
カッコイイな〜
乗りたいなぁ〜


地下鉄乗るだけじゃなく、久しぶりに鞍馬寺下鴨神社にお参りもして京都小旅行。

満喫してきました‼︎

モネの池と白川郷

モネの池、行って来ました。

着いたのは、お昼前。

もう池には、黒山の人だかり…
けれど、今年はまだ睡蓮の盛りでなかった。

この周辺は、紫陽花ロードとして有名みたいですが、
紫陽花も全く咲いてない…
隣接のフラワーショップでは、満開でしたが(笑)


ブルーアイって名の、目玉オヤジの様なお花

そうそうにモネの池を後にして、花よりだんご。


鮎がたくさんで、フライは残してしまいました。

このまま帰るものって、ことで白川郷まで足を伸ばしました。





お腹一杯とか、言いつつ食べる。
美味しかった〜



モネの池に、行ってなかったら睡蓮がもっと咲いていたかな?


トンビが、低空飛行してて「白川郷とトンビ」ってテーマで撮影したかった。
でも、こちらの思う様な場所では、低空飛行してくれないし、iPhoneで撮影しようと思ってる時点で厚かましいか…

高速も混んでなくて、10時前には帰宅。
二週間続けて、日帰り旅行満喫でした。