読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕と一緒に 나와 함께

ブログなるものを徒然なるままに…

スノーピアサーとデンマークの動物園と銀河鉄道999

若干のネタバレを含みます。

キリンを来園客前で解体、ライオンの餌に デンマークの動物園

デンマークコペンハーゲン動物園が9日、飼育していた1歳半の雄のキリンを殺処分した上で、園内で飼育するライオンの餌にした。動物愛護団体などが激しく反発、波紋を呼んでいる。英メディアが10日までに伝えた。
首都コペンハーゲンにある同動物園は、園内のキリンが8頭に増え、近親交配を避けるため、そのうちの1頭を殺処分にしたとしている。

空気銃で処分し、子供を含む来園客の前で解体、ライオンの餌にした。動物園側は「肉がもったいなかった」と釈明している 。

動物園が殺処分の方針を公表して以来、欧米の動物園や資産家からキリンを引き取るとの申し出があったが、コペンハーゲン動物園は飼育環境が自分たちより悪いとして拒否していた。


このニュースに憤慨しつつ、ホン・ジュノ監督「スノーピアサー」を見ました。

限られたスペースで種を存続するためには、持てる人間が持たざる人間の数を管理する世界。
これはまるで、デンマークのキリン。

そして、そこかしこに感じる「銀河鉄道999」との世界観。
列車という演出装置のせいもあるでしょうが、持たざる者の持つ者への憧れや妬み感は、999に通じる気がします。

結末をハッピーエンドとするか?バッドエンドとするかは、見た人の人生観で変わるような・・・
私は、人間への希望を託したのかなぁとも感じました。

しかし、ソン・ガンホは、やっぱり良い俳優です。
こーいった役柄を演じさせたら、右に出る人はいないくらい。
それに、終盤のコ・アソンとの親子愛、黒人の子供との人間愛の場面では、「グェムル 漢江の怪物」を彷彿させる演出。

今回は生き残りが逆転しているのも意味があるんでしょうかねぇ?

さよなら銀河鉄道999-アンドロメダ終着駅- [Blu-ray]

さよなら銀河鉄道999-アンドロメダ終着駅- [Blu-ray]