読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕と一緒に 나와 함께

ブログなるものを徒然なるままに…

大阪ぶらり旅


コマーシャルを見て、気になっていたアクアリウム展に行ってきました。

Oiran/花魁 (巨大金魚鉢)
1000匹の金魚が泳ぐ世界最大級の金魚鉢。
江戸の遊郭を表現しており、乱舞する金魚は花魁とそれを目指す女達を表しています。七色に変化するライティングは、江戸花街の艶やかさを演出しています。

Byoburium/ビョウブリウム (屏風水槽)
水墨画風の映像を背面に投影しその前に泳ぐ金魚の影で、水墨画映像に動く金魚を加えたバーチャルとリアルの融合が生んだアートアクアリウムの代表格作品です。

Kaleidorium/カレイドリウム (万華鏡)
横長水槽の側面には三角形のレンズが埋め込まれ、中を覗くと幾何学模様が現れます。レンズのそばを金魚が泳ぐと、万華鏡を回しているかの様に模様が美しく変化する作品です。

Flower2 Aquarium/フラワーフラワーアクアリウム(花瓶水槽)
水槽の中のアクアリウムディスプレイと水槽の外に飛び出すフラワーアレンジメントが競演する花瓶と水槽のコラボレーション作品です。

Andonrium/アンドンリウム (行燈水槽)
中に泳ぐ金魚と側面にレースで施されたグラフィックが、常に変化し複雑な影を織り成します。日本の伝統照明、行燈をモチーフにした、アクアリウムによるライティングの集大成といえる作品です。

Prisrium No.12 & No.18/ プリズリウムNo.12 & No.18
屈折効果がマジカルな視覚をもたらす多面体アクアリウム。巨大な12面と18面体の2種の水槽は、ダイヤモンドの様に輝き、水槽内部に映り込む魚の群れと、照明に投射された映像が乱反射してプリズム効果を生む作品です。

その後、キムジョングクの足跡を辿り、(笑)

天王寺動物園近くの串揚げ屋さんの看板に和み

中之島光のルネッサンスを楽しんでから帰宅しました。